正しいレーシック治療でクッキリLIFEを楽しもう

費用とその仕組み

自由診療ならではの費用

喜ぶ女性

レーシックは一般的に治療を行うときに保険診療とならず、自由診療となるためにある程度の費用がかかります。ただし、確定申告で申告することによって医療費控除の対象となりますし、医療ローンといわれている制度を利用することもできるのです。 初期費用として掛かる費用は医療機関によって異なるため、事前に確認しておくことで、リーズナブルで信頼できる医療機関での治療を行えます。一般的なレーシックの費用としては、基本的には20万円から60万円程度といわれていますが、昨今は技術の進歩によって非常にリーズナブルなものとなっており、10万円未満で受けられるところも増えてきています。 医療機関によって料金が異なるので、比較サイトをチェックすることも重要です。

角膜の屈折度をレーザーで

レーシックの主な治療方法としては、角膜の屈折度をレーザー照射によって直し、視力回復を促すものです。しかし、レーザーを照射するためには、いったん外科手術が必要となるため、手術を行うときには車の運転ができなくなります。 また、手術を受けてから医師の指導を受けて適切に行動しておくことで治療を完遂させること、感染症対策を講じれることは事実といわれているのです。レーシックといわれても多数の種類がありますが、基本的には角膜にレーザー照射を行って形状を変化させ、視力回復を促すものとなっています。そのため、治療を完遂させるまえに、手術前にしていいことと避けたほうがいいこと、手術後にアフターケアとしてやるべきこととやってはいけないことなどを確認しておく必要があります。