正しいレーシック治療でクッキリLIFEを楽しもう

視力が回復する

治療価格はさまざまです。

疲れ目

レーシックはコンタクトレンズやメガネといった矯正器具を使用せずに、視力が回復する治療であり、最近では一般化されてきました。 安全性や効果が確立されるようになり人気の視力矯正治療になってきました。そのため、レーシック対応の眼科やクリニックが沢山台頭するようになり、価格の競争が起こっています。 両目の治療で70,000円で可能な低価格なところや、十数万円するところまでまちまちです。 低価格であることは魅力ですが、高い値段には理由があり、価格によって3年保障や5年保障、8年保障、10年保障などがついてくるため高額になる傾向です。 この理由はレーシックの特性にあり、効果は永久的ではなく徐々に視力がもとに戻っていってしまうことにあります。 自身の希望の価格と補償内容にあった治療を受けることが最も大切です。十数年前は日本ではレーシックの治療は受けることが出来ずに海外へ行って治療を行う人もいました。 しかしながら、当時は症例も少なく、視力回復が思うようにいかなかったり、すぐに元に戻ってしまうなどの症例も多くありました。 日本でも一般的に行われるようになってきたのは、2000年に厚生労働症の認可が下りてからでした。しかし、当時もまだ治療が可能な眼科やクリニックは全国でもごくわずかであり、実際に治療した人は少なくまだまだ、コンタクトレンズやメガネに頼る人が多かった傾向です。 その後、安全性や効果が高まるとともに、多くの眼科やクリニックで治療を取り入れるようになりました。また価格競争も起こり、さまざまな金額での治療が可能になりました。

レーシックは海外が発祥です。

レーシックの治療を受けた後は、医師の指示に従って眼球のケアを行っておくことが大切です。ケアとしては、定期的に目薬の点眼を行っておくことが必要になります。治療を受けることによって、直ぐに目が快適な状態になるため、安心感からケアがおろそかになりがちになってしまいますが、少し怠っただけで目に負担がかかってしまうことがあるのです。視力に影響をもたらしてしまう可能性があるので、しっかりと医師から頂いたケア方法を実践しておくようにしましょう。また、特にケアを怠ることが厳禁とされているレーシック手術は、ICLという眼内のコンタクトレンズとなっています。眼球の中に人口のレンズが挿入されているため、目は慣れるまでに時間がかかってしまいます。これらの負担を軽くするためには目薬といった点眼が必要不可欠になってくると言えるのです。点眼を行っていって眼球と、眼内レンズの定着を進めていくことが必要になってきます。また、ICLは白内障を防ぐ効果があるため、将来の事を考えてICLを用いたレーシック手術を受けるという人が増えてきています。ケアが鍵となってくる手術方法となっていますが、ICLの手術に関して詳しい知識を持っている医師選びも重要になってくるといえます。また、45歳までしか受けられないという条件が設けられているため、白内障を発症したころには条件の対象外になっているということがあります。機会を逃してしまう前に受けるかどうかの検討を進めておくことが肝心であると言えます。